小樽職人の会

小樽で作る、職人と作る,ものづくり体験。

TEL.0134-33-2339 FAX. 0134-64-1003 〒047-0032 小樽市稲穂3丁目16番16号(松田印判店内)


 
 
Mail: otaruskill@gmail.com
事務所

natureなitoのiro

久々ショクジョの奇妙な冒険です。

昨日は職人展の準備の為、職人さんのアトリエを訪問させて頂きました。
なんと言うか、
「レンズを向けずにはいられない空間」

色に囲まれて、
その「色」が心地いい、優しい、という感覚は初めてでした。

少し逸れますが、
たまたま今日は事務所で色の話が出ました。
コーディネータ―氏が、
なんとも鮮やかな黄色のダウンジャケットを着て来ました。
それはもう、本当に黄色。
小学生が入学当初ランドセルの上にかぶせる交通安全のあれ、
あの黄色です。

自分が1日に脳で処理する黄色の量を、
もうこのジャンバーでオーバーしたな。
そう思いました。

本題に(無理矢理)戻しますと、
色が身体に、精神に与える影響って、
想像より遥かに強いんじゃないか、ということです。
だから、昨日の空間は
とても心地が良かった。
きっと、
からだに良い色、悪い色って
ある気がします。
いや、決して黄色のジャンバーが悪いなんて言ってはいないんです。
とても似合っていますから。

いよいよ動き出したこと

明日から【キッズベンチャー】が始まります。
ついに始まります。
やっと動き出します。

キッズベンチャーでは、
子どもたちが「一からものづくり」を体験をします。
こんなものを作りたい、を生み出し
それには何が必要か、
販売に適しているか、
どれだけのお金が必要か、
等を考え、職人さんにアドバイスをいただきながら学習し、進みます。

普段の体験学習では
「体験すること」「体感すること」がメインです。
キッズベンチャーでは、
「ものができるまで」
その工程を知ることができます。

それはものづくりに限らず、人やお金の流れも含め、です。

普段、どうなっているのかが見えない部分を見る
仕組み、を知る。
これはとても大切なことだと思っています。

その想いも含め、明日からしっかり皆さんのサポートをして参ります。
カメラ女子もパシャリ参戦です。

ホームページの更新のお知らせ

ホームページの更新のお知らせ

北海道職人義塾大學校「体験学習事業部」のWEBサイトを新しく更新しました。

▼変更点

スマートホンに対応など。

職人女子BLOGを「職人義塾ブログ」で併設しました。

 

引き続きよろしくお願い致します。

-スタッフ一同より-

 

本日より

今日から平成25年度の予約受付開始です!
職人業を体験する
http://otaruskill.net/
せかせか
パソコンにFAXに電話に
せかせか
今はちょとした3分ほど待ち時間です。
経理さんが、手を鼻の下に当てながら
真剣な表情で電話中。
ありがとうございます。

製作体験の体験 VOL.4

昨日は事務所でタオル帽子製作を体験しました。
P9273327 (300x225).jpg
思った以上に苦戦、
小学校以来の裁縫(男性チーム)に四苦八苦、
出来上がりに大満足!
の2時間でした。
ミシンを使う所もありますが、ほとんどを
手で縫っていくので達成感がありました。
体験の様子をご紹介致します。
その1
型紙に合わせて裁断
(切り方が汚い、と先生に苦笑されるKさん。
写真は職女裁断物です)
P9273329 (300x189).jpg
その2
一番長い部分をミシンがけ
小指を立ててバランスをとっています。
P9273330 (196x200).jpg
その3
わからない事だらけえ~
頭を抱える経理さん。
数字じゃ解けない謎があるのです。
P9273334 (300x229).jpg
その4
ひたすら縫う。
真剣に縫う。
P9273344 (294x300).jpg
体験してみて、
小学生には少し難しいかな、と感じました。
波縫いの他に、
まつり縫い、すくい縫いで作業する部分が結構あります。
今の小学生の家庭科の授業で、
そこまで教わるのでしょうか。
だからこそ、この体験で
「やってみる」
しかも、初めての「やってみる」を
プロ中のプロに教えてもらえる。
とにかく安心し失敗すればいい。
なんて贅沢なんでしょう。
学校で教わらないからこそ、
普段やらないからこそ、
是非体験で、体当たりして欲しいと思いました。

ショクジョの奇妙な冒険 第5部

いつも製作体験に一緒にいっていた彼。
小樽での生活が始まった時から
ずっと一緒にいたのに。
今朝、何の前触れもなく私の前から姿を消しました。
突然いなくなるなんて悲しすぎるわっ。
ぐすん。
また一人だわ私。
今日からは自分の足で歩かなくっちゃ。…
職女。何ともプライベートな話!
…ではなく、
私の愛車(彼)
原付が盗まれました。
南小樽駅に停めていたら、朝には無くなっていました。
みなさんも気をつけてくださいね。
U字とかチェーンキーは必ず付けてくださいね。
私はたまたま昨日、いつも付けていた鍵を付けていませんでした。
そこを狙われた訳です。
U字は前後のタイヤに付けることをお勧め致します。
そして、初めて警察車両に乗りました。
不謹慎ながら、車内に漂う良い香りが気になりました。
2度も「学生さんだよね」と決めつけ質問されました。
警察車両の中から見る景色は日常ではなく、
目の合う通行人は、後部座席に乗っている私を
「そういう目」
で追っているように見えました。
私は笑顔で会釈をしました。
貴重な体験となりました。
ほんの少しの
ずれ、というのかもしくは、交差、なのでしょうか。
その少しの違いで、
まるで昨日とは別な今日になる事を実感しました。
とても簡単に言い換えるなら、
振られた翌日、とか
欲しかった物を手に入れた瞬間から、とかのように。
周りは淡々といつもの日常のように流れるのに
自分の中の何かが大きく違う。
今日はとてもメランコリック職女です。
これから事務所でタオル帽子の体験があります。
あったかほっこりタオル帽子で心を落ち着けよう。

タオル帽子ってあったかい。

今日は、「手作り帽子つむぎ」の職人さんが
写真撮影用の帽子を持ってきて下さいました。
以前も紹介しましたが、
タオル1枚で作る帽子です。
恥ずかしながら今日、
初かぶり。
P9263320 (300x248).jpg
P9263321 (300x261).jpg
タオルなのでとても肌触りがいい!
そして温かく、触覚的に、やさしい。
なんといってもそれです。
タオル帽子の醍醐味は。
普段おしゃれで被る帽子とは認識を分けて下さい。
生活の中に溶け込む帽子
部屋着、のような感覚でしょうか。
機能性もありながら着心地(着け心地)がよく、
かわいさも忘れてはいけません。
そんなタオル帽子です。
なんと明日、
事務所で体験をさせて頂けることになりました。
針と糸とカメラと。
今から楽しみです。
(オマケノヒトコト)
体験学習事業部のキャラクター
「すきるちゃん」
現スタッフにはあまり馴染みのないキャラクターではありますが
見るほどにかわいい、かもしれない。
また見たくなる、かもしれない。
そんなことで、
敬意を表して私たちは
「すきるさん」
と呼びます。
P9263322 (285x300).jpg
おしゃれ、さすがすきるさん

iroいろイロ

アンケート集計中。
グラフ軸の既存の色がイマイチだったので修正してみました。
びふぉー
グラフ1 (200x85).jpg
色の与える印象の大きさに驚きました。
この配色だと、
なんとなぁく、
結果をもらっても嬉しくない色、
結果が良くても何か、悪く捉えたくなる色そして、
気持ち的に重い。くすむ。そんな印象。
色を変えてみよう。
あふたー
グラフ2 (200x109).jpg
なんとなく、結果があまり良くなくても
「そっか、じゃぁ次から改善していこう!」
っていう色になった気が、
しています。
前向きな色、風が吹いている色。
私の勘違いでしょうか。…
ことばではないツールでも私たちは、
色々な感情を想像し、
たくさんの情報を得ているようです。
無意識。
1つ1つ、大切に発信していかないと、ですね。

http://otaruskill.net/

おおさわぎ

製作体験会場設営開始直後、
経理さんのズボンが破けました。
なんと。
早急に原付を走らせソーイングセットを買い、
急遽、縫物を始めました。
P9083133 (300x194).jpg
顔にも見えてくる。
なんともArtisticな「ズボン」、ではなく
もはや「パンツ」に。

処暑前日

明日は処暑ですが今日は猛暑。
日の入らない事務所も、さすがに暑いです。
まだ試行錯誤中ではありますが、
昨日からアンケートをはじめました。
体験してくれた学生さん、先生、旅行代理店担当者の方にアンケートをとって、
さまざまな事を見直し、改善していきたいと思っています。
P8222943 (300x225).jpg
まだ作成中の部分もありますが、
今年度の製作体験も残りわずか。
少しでも結果を残せるように3人で汗を流したい。