小樽職人の会

小樽で作る、職人と作る,ものづくり体験。

TEL.0134-33-2339 FAX. 0134-64-1003 〒047-0032 小樽市稲穂3丁目16番16号(松田印判店内)


 
 
Mail: otaruskill@gmail.com
10月

ホームページの更新のお知らせ

ホームページの更新のお知らせ

北海道職人義塾大學校「体験学習事業部」のWEBサイトを新しく更新しました。

▼変更点

スマートホンに対応など。

職人女子BLOGを「職人義塾ブログ」で併設しました。

 

引き続きよろしくお願い致します。

-スタッフ一同より-

 

ホクサン株式会社 製作体験現場から

10月5日に行われた製作体験。
久々の大人の方の体験でした。
和菓子と落款作りが開催されました。
どちらも学生さんが体験される時とはまた違う雰囲気で、
より専門的に、そして
出来上がる作品も、
個々に「こだわり」がプラスされていました。
[和菓子]
PA053360 (300x169).jpg
感覚だけで円をきれいに5等分にするのは至難の技。
PA053364 (300x267).jpg
[落款]
黙々と。
PA053380 (300x151).jpg
PA053382 (300x171).jpg
彫り終えたら朱肉を付けて押してみて、
彫りの深さや線の太さを確認。
納得のいくまで彫り直していらっしゃました。
PA053391 (300x247).jpg
ホクサン株式会社のみなさん、ありがとうございました。

家紋入り半月盆

PA083418 (400x282).jpg
これは失礼しました。
ついついピントがお餅に。
「乗せる」だけの器を卒業して、
「魅せる」お盆でお菓子タイムをワンランク上にしませんか。
PA083409 (300x142).jpg
紋章上絵師の職人さんの作品です。
半月盆に家紋が刷り込んであります。
PA083407 (300x231).jpg
紋が入ると、
それだけで格が上がる気がします。そして、
この文様で脈々と受け継がれてきている歴史を感じることができます。
現代では着物を着る習慣もほとんど無くなり、
家紋に限らず、
日本の日常的であったはずの文化が
非日常になってしまっている気がします。
「特別なこと」に。
しかし、特別な事、には尊敬の意味があります。
「やっぱりすばらしいね」と感じるから、
大切な時に使いたいと思う。
私たちにはきっと、そう感じることのできる
ジャパニーズ的美的DNAが、きっとある!
昔も今も、これからもその感覚は変わらずにあって欲しいと、
ありたいと願います。
話題が逸れてしまいました、
とにかく、伝統あるものを日常に取り入れるのは
QOL向上に繋がるのではないでしょうか。
兎にも角にも、
大福を頂きます。
PA083426 (300x240).jpg
(箸置き・フォークは金箔職人さんの作品です)

イベントのお知らせ

職人さん直伝、タオル1枚でつくる帽子作りを体験しませんか?
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
あったかほっこりタオル帽子作り
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
日時   平成24年11月3日(祝日:文化の日)
13:00~
場所   北海道職人義塾大學校事務所
(小樽市花園3丁目16-3 ツルヤ餅店2軒隣)
参加費  ¥1,800(材料費込)
職人   木村雪子氏
<プロフィール>
旭川市工房ひまわりにて仁川氏に師事
現在、東京・荒川静枝帽子教室門下生
被災地やホスピスに帽子を寄付する活動を続けてる。
体験内容 使うものはタオルと針と糸。
「部屋着」として重宝する帽子をタオル1枚で縫い上げます。
タオル地だから、とても付け心地、肌触りが気持ちいい。
お風呂上がりやプールの後、寒い冬の就寝時に。
職人さんが初歩から丁寧に教えて下さいます。
およそ90分の体験です。
(詳細はパンフレットをご覧下さい。)
http://otaruskill.net/boushi.pdf
【お申込み・お問い合わせ】
北海道職人義塾大學校 製作体験事業部
小樽市花園3丁目16-3
TEL/FAX)0134-64-1003

本日より

今日から平成25年度の予約受付開始です!
職人業を体験する
http://otaruskill.net/
せかせか
パソコンにFAXに電話に
せかせか
今はちょとした3分ほど待ち時間です。
経理さんが、手を鼻の下に当てながら
真剣な表情で電話中。
ありがとうございます。