小樽職人の会

小樽で作る、職人と作る,ものづくり体験。

TEL.0134-33-2339 FAX. 0134-64-1003 〒047-0032 小樽市稲穂3丁目16番16号(松田印判店内)


 
 
Mail: otaruskill@gmail.com
鋳物で作る錫の飾り 製作工程(仮作成)

鋳物で作る錫の飾り 製作工程(仮作成)

【1:型の選択、配置】
suzu1 (500x356).jpg
数種類ある型の中から1つ選び、木型に配置。
この型は後の工程で外し、砂で模られた空洞に錫を流し込みます。
中央に設置されているのは湯道と言い、錫を流し込む穴になります。
【2:砂をつめる】
suzu4 (172x200).jpg   suzu5 (141x200) - コピー.jpg
木型の上まで砂を入れたら、側面を突き棒で押していく。
ここで

ポイント1『端はきっちり中はふんわり』

突き棒で押していく側面は木型に沿ってしっかりと砂を固めていきます。
次に、右写真のようにスタンプで上から押していくのですが、
強く押しすぎると砂が横に逃げて木型に負担がかかります。
すると、型を抜いたときに外側に向いていたその負担が
内側へ戻り、空洞の型が崩れてしまいます。
上から押す時は、適度な力加減が重要です。

【3:面を整える】
suzu6 (500x375) - コピー.jpg
木の棒で表面の砂を削ぎ落し、面を平らに仕上げていく。
ポイント2『棒を動かす方向は、木型に沿わせて斜めに!』
前後に押して引いてギコギコ…と動かすと、表面の砂が波打ってしまいます。
砂は押して詰めているので固くなっていますが、力を込めて
勢いよく、削ぎ落していきます。
suzu7 (200x180).jpg
表面がきれいな平らに整ったら木型ごとひっくり返します。
すると最初に置いた型が表に出てきます。
後に型を外す際、砂がくっついて形が崩れないように
ポーターと言う、いわば「魔法の粉」をかけておきます。
【4:砂をつめる―2―】
suzu8 (2) (464x500).jpg
木型を重ね、再び砂をつめます。
最初に置いた湯道の上に湯口棒をセットし、
今度は上からしっかり力を入れて詰めていきます。
木型の上まで詰まったら湯口棒を抜きます。
【5:型、湯道をはずす】
suzu10 (500x263).jpg
木型の上部のみを持ち上げ横に置きます。
さぁ、ここが緊張の一瞬!
下部の木型を持ち上げ、瞬間的に木型を返して型と湯道をはずします。
ポイント3『思いきりが大切!勇気を持って瞬発力!』
ゆっくり返すと固めた砂も一緒に落ちてしまうことがあります。
木型を垂直にしてサッと返したらすぐ平行に戻す!
ためらっている時間はありません。
【6:錫を流し込む】
suzu11 (483x500).jpg
再び木型を上下合わせます。
いよいよ錫の登場です。
湯口から高温(〇℃)の錫を流し込んでいきます。
(職人さんが行います)
【7:完成!】
suzu12 (500x375).jpg
錫を流しこんでから〇分程待って、木型を開けると…
錫の飾りが出来ている!!!
あとは縁をやすりで丁寧に磨き仕上げれば完成。
suzu13 (166x200).jpg  P5111248 (200x150).jpg

« »